仙台のハリスが群馬のエース、ケネディを止められなかった。21得点を許し、「難しいシュートを入れられてしまった。確率の高い3点シュートを止めたかった」と振り返った。
 警戒していた3点シュートは6本中4本を沈められた。「今日以上の守備ができるか分からない」と、しっかりマークしたつもりだったが、B2屈指のスコアラーにとっては寄せが甘かった。日本人の得点を許しても、ケネディだけは抑えるというプランはあっけなく崩れた。
 同地区のライバル対決で22点差の大敗。「非常に悔しい敗戦。この負けを受け止めないといけない」と悔やんだ。