10日、仙台市のカメイアリーナ仙台などで試合が行われ、東地区3位の仙台は4位の福島との東北勢対決を88-70で制し、2連勝を飾った。通算成績は仙台が28勝19敗、福島は20勝27敗。
 5位の山形は西地区の熊本を95-90で下し、5戦ぶりに勝利を挙げた。最下位の青森は西地区の島根に78-84で敗れ、8連敗となった。通算成績は山形が18勝29敗、青森が12勝35敗。
 次節は16、17日に山形-仙台、青森-金沢、福島-信州がある。

◎主導権握り続ける

仙台(28勝19敗) 88/21―13/70 福島(20勝27敗)
           16―15
           24―21
           27―21
▽観衆 1747人(カメイ)

 仙台は外からのシュートがさえて福島に大勝した。序盤からパスがよく回り、フリーになった沢辺らが積極的に3点シュートを放った。後半は速攻やゴール下での得点も増え、試合の主導権を明け渡すことがなかった。