17日、天童市の山形県総合運動公園アリーナなどで試合があり、東地区3位の仙台は5位山形を77-69で下して4連勝、通算成績を30勝19敗とした。山形は18勝31敗。4位の福島は中地区首位の信州に86-74と快勝、連敗を3で止めて21勝28敗。6位青森は中地区4位の金沢に敗れて10連敗となり12勝37敗。順位に変動はなかった。

 次節は23、24の両日、仙台は2位の茨城と、青森は山形と、福島は首位群馬とそれぞれ対戦する。

◎第4Qに突き放す
仙台(30勝19敗) 77 15―17 69 山形(18勝31敗)

              18―19
              17―15
              27―18
▽観衆 2224人(天童)

 仙台が逆転勝ちで4連勝を収めた。50-51で迎えた第4クオーターに7本の3点シュートを集めて山形を突き放した。ゴール下を攻め続け、相手の守りの意識をインサイドに向けさせたことが奏功した。