白戸の戦線離脱で、チームは控え選手が3人という異常事態に陥った。少ない戦力で戦い抜くためにも、ファウルトラブルに細心の注意を払う必要がある。
 ガード陣が深刻だ。ボール運びを任せられるのは司令塔の月野に加え、安部と沢辺しかいない。常時2人はコートに置く必要があり、一人でもファウルトラブルに陥ると戦術に支障が出る。
 フリーでゴール下に侵入した相手でもあえて止めないなど、戦略的にファウルを減らすことも求められてくる。安部は「ファウルの使い方をしっかり考え、出場時間を延ばして月野を助ける」と話す。
 6連勝で群馬とのゲーム差は5まで縮まった。今節を含めて3試合残る直接対決を全勝し、相手が崩れるのを待つしかない。
 「苦しい状態に変わりはないが、チームには勢いもあって雰囲気はいい。自分たちから崩れないよう集中し続ける」と沢辺。少ない戦力で乗り込む敵地での試合にも前向きに臨む。(射浜大輔)