バスケットボール男子、B2仙台は6、7日、天童市の山形県総合運動公園アリーナで、東地区5位の山形と対戦する。5日の練習では仙台市太白区のHALEOドームで約2時間、攻撃の連係などを確認した。
 東地区2位の仙台は9連勝中だが、首位の群馬とのゲーム差は4のまま。プレーオフ進出は残り6試合全勝が大前提だ。
 山形は前節、ガードの中島が3点シュートを6本決めるなど26得点し、3位の茨城を破った。スピードに乗ったドライブもあり、警戒が欠かせない。
 桶谷監督は「中島を起点とする速攻を減らすためにも、ターンオーバーには気を付けたい。プレスをかけて3点シュートも抑えたい」と話した。