3季ぶりに仙台に復帰したシューティングガード片岡が、開幕戦へ闘争心をかき立てている。「いい準備をしてきたと思う。チームにエナジーを与えるプレーをしたい」と力を込めた。

 仕上がりは上々だ。プレシーズンは秋田、北海道とB1勢相手に2桁得点を記録。北海道戦の後半は司令塔もこなして攻撃をけん引した。

 それでも自分のプレーには満足してない。「頼れる存在になりたい。もっと(点を取りに)行くべきだった」と貪欲だ。

 シューターに対する守備に定評がある。泥くさくボールを追い、大きな声で味方を鼓舞し続ける姿は、プレーに闘志を求める仙台の信条にぴたりと当てはまる。桶谷監督も「チームに魂を入れてくれる存在」と絶大な信頼を寄せる。

 開幕戦の相手は昨年東地区1位の群馬。今年も激しい争いが予想される。「ライバルをたたけば、もっとチームが乗っていける」。精悍(せいかん)な表情が一層引き締まった。
(射浜大輔)