26日、仙台市のゼビオアリーナ仙台などで試合があり、東地区の仙台は同地区の福島に72-65で逆転勝ちし、2連勝とした。通算成績は26勝10敗で首位を保った。福島は10勝26敗で5位のまま。青森は第3クオーターに大量点を奪い、中地区の越谷に大勝した。

◎終盤ゴール下支配

仙台(26勝10敗) 72/12―18/65 福島(10勝26敗)

              17―13
              16―20
              27―14
▽観衆 3539人(ゼビオ)

 仙台は終盤にゴール下で強さを見せて逆転勝ちした。45-51で迎えた第4クオーター、ミラーを中心とした連係が良くなり、ファウルをもらい続けて試合をひっくり返した。前半は主力を欠く福島相手に拙攻が目立ち、前日に続いて課題が残る戦いぶりだった。