バスケットボールBリーグ第2部は15日、宝来屋郡山総合体育館などであり、東地区首位の仙台は福島に69-74で敗れ、通算成績は35勝12敗となった。山形は後半に追い上げたが前半の劣勢が響いて73-86で茨城に負けた。青森は85-104で群馬に屈した。

◎追い上げ届かず

福島(16勝31敗) 74/19―13/69 仙台(35勝12敗)

              16―13
              21―17
              18―26
▽郡山

 仙台は守備が甘く完敗。カバーの意識が薄く、フリーで3点シュートを許して点差を広げられた。中盤以降は攻め方を変えた福島の動きに対応できなかった。終盤は4点差まで追い上げて見せ場はつくったものの、届かなかった。