バスケットボール男子、B2仙台に加入したパワーフォワード鎌田裕也(30)が10日、チーム練習に合流し、197センチのサイズを生かした迫力ある動きを見せた。

 前所属のB1川崎は新型コロナウイルスの影響で練習場が閉鎖されており、対人練習は3カ月ぶりという。パスやドリブル、3点シュートなどの基礎練習に約1時間、汗を流した。

 川崎一筋で7シーズンを過ごし、移籍は初めて。「多少不安があった」と言うが、直談判に乗り出した桶谷監督から具体的な起用方針を聞き、決断した。初練習を振り返り「いい雰囲気でプレーできた」と笑顔で語った。

 外国籍選手とのマッチアップにも負けない体の強さが持ち味。桶谷監督は「スペースづくりや体を張った守りができ、3点シュートの決定率も高い。B1基準のプレーをチームに伝えてほしい」と期待した。