2日、名取市体育館などで東地区所属の4チームの開幕戦2試合があり、仙台は終始リードを保ち山形を81-58で下し、初戦を白星で飾った。

 東京Zは越谷に75-74で競り勝った。

 3日は同カード2試合と福島と青森の東北勢対決などが行われる。

仙台(1勝) 81/17―14/58 山形(1敗)

          28―19
          21―14
          15―11
▽観衆 758人(名取)

 仙台が開幕戦を快勝で飾った。17-14で迎えた第2クオーター、ペッパーズの連続3点シュートなどでリードを12点差に広げ、そのまま逃げ切った。外からのシュートが決まらなかったが、守備は前線から強く圧力をかけて山形の攻撃を抑え込んだ。