東北楽天は7日、森原康平投手が5日に神奈川県内の病院で右肘のクリーニング手術を受けたと発表した。診断名は「右肘変形性関節症」で、今後競技復帰するまで約4カ月かかるという。
 森原は新人の昨季、42試合に登板。主に前半戦、勝ちパターンの救援投手として活躍した。今季は2月のキャンプから2軍で調整を続けていた。