東北楽天の先発美馬は制球が思うように定まらず4回2失点。「走者を出してからが良くなかった。真っすぐをしっかり投げられていない」と反省しきりだった。
 二回は1死一、二塁から外崎の適時打で同点にされると、続く満塁のピンチで押し出し四球を与えて失点を重ねた。「コントロールがうまくできず、真ん中に集まった」と制球面に課題を残した。
 投球の軸となる真っすぐについて「回転がシュートするなど安定していない。次の登板に向けてしっかり修正したい」と語った。