東北楽天が投打に上回って快勝した。二回無死一塁からアマダーが左越えの2ランを放ち先制。五回はペゲーロの右越えソロでリードを広げた。先発岸は緩急を巧みに使い、四回まで4奪三振の2安打無失点と好投した。
 中日は開幕ローテーション入りが決まっているジーが4回2失点。打線も岸の前に振るわず、五回以降も東北楽天の4投手の継投に無安打と抑え込まれた。

 東北楽天-中日(13時2分、倉敷、16,186人)

中  日 000000000=0
東北楽天 02001000×=3
(勝)岸1試合1勝
(S)ハーマン2試合1S
(敗)ジー2試合1敗
(本)アマダー2号(2)(ジー)ペゲーロ2号(1)(三ツ間)

☆梨田の話ダ

<ずっと得している> 
 「宋(そん)でずっと得をしているよね。安定感がある。昨年のクライマックスシリーズがいい経験になったのかな」。(3番手で2回無安打と好投した宋家豪について)