東北楽天は嶋が一回に邪飛を捕球し損なうなど3失策と守備が乱れた。
 特に八回は送球ミスが二つ重なり2失点。1死一塁から代打楠本(東北福祉大)の右前打を処理した田中が三塁へ悪送球して走者は本塁へ。悪送球をカバーした福山の本塁返球は自軍の一塁ベンチに飛び込み、楠本の生還も許した。
 梨田監督は「(ベンチの)俺を狙っているのかと思った。ミスが多すぎる」と渋い表情だった。