2試合ぶりに先発出場した今江が七回に決勝の適時打を放った。8日のロッテ戦でも代打で2点打を記録しており、勝負強いベテランの存在感を示した。
 七回に同点とし、なお1死一、二塁で打席が回ってきた。オリックスの先発西が投じた初球、外角低めのスライダーを迷わず振り抜くと、打球は右前へ。代走の二走島井がヘッドスライディングで本塁を陥れた。
 一回は2死一、三塁で三振し、五回も2死一、三塁で遊ゴロに倒れた。それだけに「とにかく辛島に勝ちを付けてやりたかったので気持ちで打った。いいところで打ててよかった」と、ほっとした様子だった。