東北楽天は則本の1安打完封の快投で今季初の3連勝を果たした。則本は立ち上がりから制球が良く、9奪三振で3勝目。
 打線はペゲーロが2本塁打2打点と気を吐いた。二回に2試合連続弾となる先制の右越えソロを放つと、四回にも右翼席に2打席連続のソロをたたき込み、則本を援護した。
 オリックスは2連敗。6回2失点の先発山岡ら投手陣が粘りを見せたが、打線が精彩を欠いた。

 オリックス-東北楽天8回戦(東北楽天4勝3敗1分け、13時1分、京セラドーム大阪、21,524人)
東北楽天 010100000=2
オリックス000000000=0
(勝)則本7試合3勝3敗
(敗)山岡7試合2勝4敗
(本)ペゲーロ8号(1)(山岡)=2回、ペゲーロ9号(1)(山岡)=4回

☆梨田の話ダ

<俺は無呼吸>
 「肘や肩、背中のアクシデントがあったかと心配したが、過呼吸のようだった。俺は無呼吸だけどね」(則本が八回のT-岡田の打席の途中で一度、ベンチに戻ったことに)