東北楽天の内田が今季初本塁打となる左越えソロを放った。18打席目での初安打が特大の一発となり「ずっと一本が出ていなかったのでほっとしている」と胸をなで下ろした。
 八回、オリックスの4番手小林のフォークボールを捉えると、打球は左翼席上段に飛び込んだ。九回には、2死三塁から左前適時打を決めた。
 小学5年で父親を亡くし、母親の支えを受けながら野球に取り組んできた。「母の日」に2安打2打点と活躍し、「母には迷惑を掛けてきたので、打ててうれしい。これからどんどん打っていきたい」と満面の笑みを浮かべた。