4連勝中の東北楽天は15日から仙台市の楽天生命パーク宮城でソフトバンクとの3連戦に臨む。先発予定の池田、美馬、岸の3投手らが14日、同球場で約1時間、調整した。
 4月30日の西武戦以来となる池田は3連戦の初戦を任される。今季1勝4敗と黒星先行の成績で、一度は先発ローテーションから外れただけに、巻き返しを期する気持ちは強い。「ソフトバンクはよく打つし、個々の能力が高い。それでも一球一球しっかり投げて勝利を引き寄せたい」と語った。
 2戦目は4月21日のオリックス戦以来の登板となる美馬が今季初勝利を懸けて先発する見込み。3戦目は2連勝中の岸が中8日で投げるとみられる。20イニング連続無失点中で、現在パ・リーグトップの防御率1.60を誇る岸は「できる限り長い回を投げて相手を抑えたい」と話した。