野球日本代表の稲葉監督は10日、11月に行われる日米野球のメンバーを発表し、8月に先行発表していた秋山(西武、八戸大出)、筒香(DeNA)ら5選手に加え、大瀬良(広島)、山田哲(ヤクルト)、岡本(巨人)ら計23選手を選出した。新人では東(DeNA)が唯一選ばれた。
 今回、東北楽天からは岸、松井、高梨、田中の4人が選出された。東北関係選手では多和田、山川、外崎(いずれも西武、富士大出)や石山(ヤクルト、東北福祉大出)もメンバー入りした。
 日米野球は11月9日から米大リーグ(MLB)オールスターチームと6試合を戦う。大会規定も発表され、投手に80球の球数制限が設けられた。

<自分の役割果たす/岸の話>
 選んでいただいたからには、自分の役割をしっかりと果たしたい。

<成長につなげたい/松井の話>
 今後の自分の成長につなげていけるよう精いっぱい頑張る。

<全力で一流と対戦/高梨の話>
 メジャーリーグの一流の打者と対戦する機会はなかなかない。ベストを尽くす。
足と守備アピール

<田中の話>
 足と守備が売りなので、代表でもしっかりアピールしたい。