東北楽天は4日、仙台市の球団事務所で美馬、釜田の両投手、茂木内野手、岡島外野手と来季の契約を結んだ。
 14試合登板で2勝6敗の美馬は1500万円減でサイン。「球団から大事な選手と言われた。自分の成績がチームに影響するので、来季はしっかりやりたい」と語った。
 救援で12試合登板にとどまった釜田は300万円減。6月に手術した右肩と右肘は順調に回復しており「万全な状態に戻して、また1軍の舞台で投げたい」と意欲を示した。
 3年目で自己最低の打率2割4分7厘だった茂木は1300万円減で更改。「ふがいない結果でチームに迷惑を掛けた分、勝利に貢献できるよう頑張りたい」と述べた。
 選手会長の岡島は打率1割9分と低迷し、950万円減。来季は捕手登録となり、背番号が入団当初の27に戻る。「新人に戻った気持ちで一から頑張りたい。来季は絶対にやり返す」と巻き返しを誓った。(金額は推定)