2軍キャンプで調整中の茂木が、1軍の守備練習に参加し軽快な動きを披露した。終了後は「アウェー感が半端じゃなかった。疲れました」と笑顔を見せた。
 2軍では攻守に格の違いを見せている。フリー打撃やロングティー打撃は力強いスイングで次々と柵越えを放つ。巨人から移籍してきた橋本も「打撃の技術は別格」と驚く。守備でも積極的に声を出し、プレー中に気付いたことがあれば、チームメートに助言するなど引っ張っている。
 キャンプで重点的に取り組んでいるのが、「課題」と自覚するスローイングだ。基本のキャッチボールからしっかり投げることを意識し、守備練習では捕球してから送球するまでの動作を繰り返し確認する。
 三木2軍監督は「一番元気がある。動きを見ても自主トレーニングをしっかりしてきた印象を受ける。走攻守全てで状態はいい」と太鼓判を押す。
 ただ、茂木自身は「2軍でまずは心身を鍛えて、1軍に上がったらけがを気にせず、思い切ってプレーできるようにしたい」と慎重に構える。
 シーズンを通して1軍の戦力になるため、攻撃的遊撃手はじっくり牙を研いでいる。(中村紳哉)