今季から主将を務める銀次は「みんな元気に明るく、いいキャンプを送ることができた」と久米島キャンプを総括した。
 キャンプでは早出と居残りの自主練習を欠かさなかった。全体練習でも率先して声を出す姿が目立った。「(主将として)全体を見ながら他の選手に声を掛けたり、自ら元気を出してやったりすることを少し意識した」と話す。
 練習が充実したこともあり「昨年より間違いなく自分の仕上がりは早い」と言い切る。その上で「これからの実戦で速い球に慣れれば、(シーズンに)すぐ入れると思う」と語った。