ドラフト4位の弓削(SUBARU)が1軍生き残りに向け奮闘している。12日のDeNAとのオープン戦(静岡)では五回に登板し4回1失点(自責点0)と踏ん張った。24歳左腕は「しっかり結果を出しアピールを続けたい」と開幕を見据える。

 12日のオープン戦は5四死球を与えるなど制球に苦しんだ。七回には先頭の四球をきっかけに2死一、三塁とされ、宮本の三塁への強いゴロを銀次がはじき(記録は失策)1点を失った。

 弓削は「悪いなりに最少失点に抑えられた」と振り返りつつ「上半身と下半身の動きがばらばらで制球が乱れた」と反省する。

 その一方で収穫もあった。3四死球を与え2死満塁となった八回、嶺井をツーシームで二ゴロに打ち取りピンチを脱した。ツーシームは2日前の投球練習で伊藤投手チーフコーチから教わった新球種。「うまく投げられた」と手応えを口にする。

 エース則本昂が右肘手術し前半戦の復帰が絶望的となり、先発陣の再構築が急務となっている。伊藤コーチは「弓削は先発に入ってもらいたいと思って使っている。常にストライクで追い込めるように、もっとボールを操ってほしい」と注文を付ける。

 新人投手で唯一、1軍に帯同する弓削の目標は開幕1軍入り。「次の登板機会までにコントロールを修正するのが課題。先発ローテーションに食い込めるように頑張りたい」と意欲を見せる。(中村紳哉)