2年目の近藤が今季初先発し、六回途中5失点でプロ初勝利に届かなかった。「打者と勝負しながら投げられたが、負けてしまっては駄目だ」と反省した。
 二回、デスパイネ、福田を連続三振に仕留めた後、松田宣、釜元に連打された。続く甲斐を1ボール2ストライクと追い込みながら、4球目のスライダーを右越えに運ばれ3点を失った。
 その後はツーシームやチェンジアップを使って五回までは追加点を許さなかったが、六回に連打から1死一、二塁とされ降板。2番手福山も踏ん張れず計3点を追加された。近藤は「(二回の)2死からの3ランさえなければよかった。六回も粘れず申し訳ない」と肩を落とした。