東北楽天の島内外野手が16日、仙台市の楽天生命パーク宮城であった西武3回戦で、延長十回に西武の5番手マーティン投手から右顎と首に投球を受けて、途中交代した。試合後、市内の病院で検査を受けた。平石監督は「ホームベース上で会話はできた。17日に出場できるかどうかはまだ分からない」と話した。
 島内は今季、全15試合に4番打者として先発出場。打率3割4厘、6打点の成績を残している。