東北楽天6番手で登板した高梨が今季初勝利を挙げた。「初勝利よりも、あの場面で起用され、抑えられたことの方がうれしい」と喜んだ。
 同点の十回に登板。簡単に2死とした後、六回に勝ち越しソロを放った中村を迎えた。ベンチの指示は「中村か(次打者の)愛斗のどちらかでアウト一つ」。中村へは厳しいコースを攻めたが、打者有利のカウントになり、歩かせた。愛斗には粘られたが、最後は空振り三振に仕留めた。
 高梨は「狙った場所にボールを投げられていた。いい感覚ができてきたので、継続したい」と語った。