東北楽天のオコエは走塁ミスを帳消しにする働きを見せた。3点を追う四回2死二、三塁、2者を返す内野安打を放って反撃の口火を切った。「内角の直球が来るかもしれないと頭の片隅に入れていた。うまく体が反応した」と振り返った。
 2安打2打点に好守もあり、持ち味を存分に発揮した。唯一のミスは三回無死二塁で、三盗を試みようと失敗した場面だ。本人は「確実に1点を取るために行こうとした。自分の中では失敗ではないが、止まる勇気は必要だった」と語る。平石監督は「あそこは勉強。オコエの良さであり、慎重になる必要はない」と積極性を評価した。