東北楽天のオコエが6-3の八回2死三塁から左中間へダメ押しの適時二塁打を決めた。6番手山崎福のチェンジアップを捉え「1年目から球を見てきた投手。打席でしっかりイメージしながら打てた」と力強かった。
 打率は2割程度だが、得点圏打率が5割を超え勝負強さが際立つ。それでも打席でのタイミングの取り方やスイングする時の右足への体重の乗せ方には課題があるようで「これからも模索していきたい」と貪欲だった。