東北楽天の嶋が左翼席へ先制の2ランを放った。2死一塁から2番手荒西の外角高めの直球を振り抜き「甘く入った球をしっかり仕留めることができた」と笑顔を見せた。
 2季ぶりの先発マウンドに上がった釜田の女房役として、バットで援護したいという気持ちが強かった。「何とか先制点を取りたかった」と、右腕の心に余裕を持たせる一振りだった。
 マスクでも釜田を引っ張った。ストライク先行の配球で投手有利のカウントに持ち込むことを心掛けた。特にオリックスの主砲吉田正の前に走者を出さないように気を使ったという。
 お立ち台では「釜田はもっとできる男。期待しておいてください」と満員の観客にアピール。今季初勝利を収めた後輩の力投をたたえた。