東北楽天の銀次が一回に貴重な先制打を決めた。2死二、三塁から日本ハムの先発金子のスライダーを左中間へ2点二塁打。チームにとっては9試合ぶりの先制点で「取れる時に得点しないと、その後何があるかは分からない。チャンスでいい打撃ができた」と納得した様子だった。
 この力強い一振りが他の選手にも波及したのか、東北楽天は今季最多の13得点を奪って快勝した。平石監督は「追い掛ける展開の試合が続いていた。久々に楽な展開で戦うことができた」と満足そうだった。