東北楽天の堀内が初めてバッテリーを組んだ先発岸を粘り強くリードし、エースに今季初勝利をもたらした。22歳の正捕手候補は「(岸に)結構、首を振られた。イニングごとに配球を教えられ、勉強になった」と語った。
 勝てば単独首位となる一戦を任されたが「そこはあまり気負わずに試合に入れた」。カーブとチェンジアップをうまく配球に取り入れて、三回まで1安打無失点に抑えた。
 反省するのは四回の先頭グラシアルへのリード。フルカウントから左翼線二塁打を浴び、松田宣に左犠飛を許した。「3ボールまでの過程が悪かった。次はもっと工夫して攻めたい」と強調した。