東北楽天の先発石橋は打線の援護がなく4敗目。だが、自己最長の8回を投げ、6安打2失点の粘投に「序盤は悪かったが、中盤はリズム良く投げられた。低めを意識したのが良かった」と振り返った。
 一、二回は先頭打者に安打を許し、苦しい立ち上がり。「先に点を与えてはいけない」。何とか後続を断ったが、三回無死一塁から暴投と犠打で1死三塁に。続く大城の右犠飛で先制された。
 その後は立ち直り、直球やスライダー、シュートを丁寧に投げ込み、内野ゴロを打たせ、四~六回は三者凡退に抑えた。しかし、七回2死二塁から宗に適時左前打を打たれ、痛過ぎる追加点を奪われた。右腕は「七回の1点は防ぎたかった」と悔しそうだった。