プロ野球は10日、オールスター戦を前に最後の6試合が行われ、東北楽天はオリックスに6-7で敗れ、勝率5割、4位で前半戦を終えた。セ・リーグは巨人が5年ぶりに、パ・リーグはソフトバンクが3年ぶりに首位で折り返した。
 巨人は阪神に4-1で快勝し、中日は広島を2-1で、ヤクルトはDeNAを7-2で下した。西武がソフトバンクに7-3で、ロッテは日本ハムに5-0で勝った。
 マイナビオールスターゲーム2019は第1戦が12日に東京ドームで、第2戦は13日に甲子園球場で開催される。後半戦はセ、パ両リーグともに15日にスタートする。

 東北楽天-オリックス15回戦(オリックス8勝6敗1分け、18時00分、楽天生命パーク宮城、25,167人)
オリックス1300001101=7
東北楽天 0100022100=6
(延長10回)
▽勝 ディクソン13試合2勝6S
▽敗 松井41試合1勝5敗24S
▽本塁打 浅村17号(2)(比嘉)

 東北楽天は延長戦を落とし勝率5割で前半戦を終えた。6-6の十回2死二、三塁、4番手松井が右前打で1点を勝ち越された。先発岸は七回途中5失点で降板した。
 打線は0-4の二回、嶋の左前適時打で反撃し、六回は代打藤田の2点打で1点差に迫った。3-5の七回は浅村の同点2ラン。5-6の八回には渡辺佳の適時打で再び追い付いた。
 オリックスは打線が粘りを見せた。

☆イヌワシろっかーるーむ

<岸孝之投手(七回途中5失点)>
 「回を追うごとに状態は良くなった。流れが来ていた七回に、1点を取られてしまったのがいけなかった」

<嶋基宏捕手(0-4の二回に左前適時打)>
 「打ったのはスライダー。先制されていたので走者をかえすことだけを考えていた。しっかりかえせて良かった」

<藤田一也内野手(六回に代打で中前に2点打)>
 「満塁の場面での代打だったので積極的にいった。自分の仕事ができた」