東北楽天の先発辛島が5回2失点と好投し、自己最多の9勝目を挙げた。「先頭を出しながらも粘ることができた。先発として、もう少し長い回を投げないといけない」と語った。
 苦しい立ち上がりだった。一回は先頭秋山(八戸大出)の左中間二塁打と犠打で、あっという間に1死三塁のピンチ。続く森に適時二塁打を浴び、あっさりと先制を許した。二回は先頭山川(富士大出)に初球のカーブを豪快に左翼席へ運ばれた。
 だが、連打を許さず、三回以降は無得点に抑えた。打線が逆転した直後の五回は三者凡退に仕留め、試合の流れを引き寄せた。平石監督は「特別にすごい球があるわけではないが、いい投球をしている。次も期待している」とたたえた。