東北楽天の先発石橋が立ち上がりに失点し、チームに勢いをもたらすことができなかった。
 一回、先頭宗を四球で出塁させ、犠打で1死二塁とされると、吉田正にフォークボールを左前に運ばれ先制を許した。さらに死球などで2死一、二塁とし中川の左前適時打で追加点を奪われた。中川には六回にも初球のカーブを左翼スタンドへのソロを浴びた。
 六回途中3失点で降板した石橋は「勝負どころの球が浮いてしまったり、中に入ったりしてしまった。(中川の)本塁打はうまく反応された。チームが負けてしまって申し訳ない」と反省しきりだった。