プロ野球日本シリーズ出場権を争うクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)の第2戦が6日、行われた。パ・リーグは福岡市のヤフオクドームでレギュラーシーズン3位の東北楽天が2位ソフトバンクに4-6で敗れ、対戦成績は1勝1敗となった。東北楽天は最終第3戦の7日、ソフトバンクに勝てば2年ぶりのCSファイナルステージ進出が決まり、負けか引き分けで敗退となる。

 東北楽天は先発の美馬学投手が不調で、四回まで投げて5失点した。打線は浅村栄斗内野手のソロなどで四回までに4得点したが、五回以降は1安打に封じられた。

 セ・リーグは2位DeNAが3位阪神を6-4で下し1勝1敗。7日の最終第3戦でファイナルステージ進出チームが決まる。

 ファーストステージの勝者は9日に始まるファイナルステージ(6試合制、リーグ優勝チームに1勝のアドバンテージ)で、パを制した西武、セ優勝の巨人とそれぞれ戦う。