プロ野球東北楽天は7日、福岡市のヤフオクドームで、日本シリーズの出場権を争うクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)の最終第3戦に臨み、ソフトバンクに1-2で惜敗。2年ぶりのCSファイナルステージ進出を逃し、今季の戦いを全て終えた。

東北楽天  000100000-1
ソフトバンク00010010×-2

 東北楽天先発の岸孝之投手は6回1失点と好投。1-1で迎えた七回、2番手の宋家豪投手が内川聖一内野手に勝ち越しソロを浴びた。打線は四回、浅村栄斗内野手の3戦連続となるソロで先制したが、六、七回の好機を逸するなどつながりを欠いた。

 平石洋介監督は試合後、「選手たちはよく付いてきてくれた。本当にちょっとしたことだが、(ソフトバンクとの)差は大きいかもしれない。負けた悔しさを忘れないでほしい」と語った。

 セ・リーグの最終第3戦は、阪神がDeNAに2-1で競り勝った。ファイナルステージは9日からで、ソフトバンクは西武、阪神は巨人と戦う。