東北楽天は5日、ドラフト4位で指名した宮崎・都城東高の武藤敦貴外野手(18)=178センチ、73キロ、左投げ左打ち=と宮崎県都城市内で入団交渉し、契約金3000万円、年俸560万円で合意した。

 球団の後関昌彦スカウト部長、大久保勝也スカウトとの交渉後に会見した武藤は「今までやってきた野球が仕事になる。いろいろプレッシャーはあると思うが頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 東北楽天については「明るくて一生懸命やるチーム」と印象を語り、「その中に一日でも早く溶け込んで、1軍の舞台でフル出場して活躍し、ファンから愛されるような選手になっていきたい」と語った。

 大久保スカウトは「高校生の中で身体能力が抜群。3、4年後には外野のレギュラーの一角を担える選手になってほしい」と期待した。