岡山県倉敷市で秋季キャンプを行っている東北楽天は13日、社会人チーム「JFE西日本」との練習試合に臨み、1-4で敗れた。
 東北楽天の2番手近藤が三回、四球と2長短打で2点を先取された。その後も継投は安定せず、4番手佐藤が七回に、5番手木村が八回に1点ずつ失った。打線は七回にフェルナンドの左越えソロで1点を返したが、四回まで無安打に抑えられるなど精彩を欠いた。
 三木監督は「いい所も悪い所も見えた試合。負けることは良くないが、個々が取り組むべき課題がより明確になった」と話した。