東北楽天は21日、仙台市の楽天生命パーク宮城、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉の2組に分かれて、合同練習を行った。
 楽天生命パーク宮城の投手陣は、則本昂や酒居らがブルペンに入り、球筋を確かめた。松井らはランニングなどでコンディション向上に努めた。野手陣は浅村らがシート打撃に取り組んだ。
 浅村は練習後、テレビ会議アプリで取材に応じ「(前日に続いて)ユニホームを着ることで気が引き締まる。いい雰囲気で、練習ができて良かった」と話した。