東北楽天は26日、仙台市の楽天生命パーク宮城などでグループ練習を続けた。6月19日の開幕決定を受け、三木監督は選手たちに「目標に向かって、しっかり頑張っていこう」と改めて呼び掛けた。
 新人の滝中、津留崎は打撃投手を務めた。テレビ会議アプリで取材に応じた伊藤投手チーフコーチは「滝中はストライクが取れ、いいバランスで投げた。津留崎は制球にばらつきがあったが、球に力があった」と評した。則本昂と松井はブルペンでそれぞれ100球以上を投げ込み、茂木と足立は特打で精力的にバットを振った。27日は休養日。