東北楽天は25日、ゼラス・ウィーラー内野手(33)と、巨人の池田駿投手(27)の交換トレードが成立したと発表した。

 米国出身のウィーラーは米大リーグ、ヤンキースから15年に東北楽天へ加入した。主に三塁を守り、17年には31本塁打を記録したが、今季は開幕1軍メンバーから外れていた。通算成績は596試合、打率2割6分2厘、106本塁打、345打点。

 左腕の池田は新潟県出身で174センチ、78キロ。新潟明訓高、専大、ヤマハを経て、2017年にドラフト4位で巨人に入団。今季は1軍出場なし。通算成績は62試合、1勝3敗、防御率3・86。

 ウィーラーは「イーグルスのメンバーとして過ごした東北での時間を忘れない」などと球団を通してコメントした。