東北楽天は18日、ドラフト5位で指名した仙台育英高の入江大樹内野手(18)=185センチ、83キロ、右投げ右打ち=と仙台市のホテルで入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸550万円で合意した。
 入江はオンラインで記者会見し「やっと実感が湧いてきた。30本塁打を打てる選手になっていきたい」と表情を引き締めた。米大リーグで4年間プレーした石井新監督には「メジャーの雰囲気や動くボールがどんな感じなのかを聞いてみたい」と目を輝かせた。
 年明けからの新人合同自主トレーニングに向け、走り込みを増やしたり、木製バットを振ったりして備えている。楽天生命パーク宮城(仙台市)で行われている秋季練習について「プロがどのような練習をしているか見てみたい」とはやる心をのぞかせた。(金額は推定)