盛岡大付は一回に先制されてもすぐ追い付く粘り強い試合を展開したが、終盤にミスが相次いだ。及川主将は「力を出し切れず負けた。悔しい」と振り返った。
 七回の2失点はいずれも失策絡み。その裏、1点を返してなお2死満塁の好機はスクイズ失敗の併殺でつぶした。関口監督は「今朝もスクイズを練習させた選手だったのだが」と、準備万端だったはずの小技の不発に肩を落とした。
 八戸学院光星の仲井監督は東北福祉大の先輩。大会前も練習試合をして、切磋琢磨(せっさたくま)する間柄だった。関口監督は「全国で勝ち慣れている監督であり、憧れの先輩。またこういう舞台があれば、次は勝ちたい」と語った。