投手の投球数を1試合につき1人100球までに抑える新潟県高野連の「球数制限」に、東北各県の高野連が関心を寄せている。現時点で導入に向けた具体的な動きはないものの、選手のけが防止や育成の観点から他地域にも広がるかどうか注視している。
 新潟県高野連は、選手の故障防止や出場機会増を掲げ、今年の春季新潟大会での球数制限を決めた。投球過多は高校や球界の長年の問題。昨夏の全国選手権(甲子園大会)で準優勝した金足農(秋田市)の吉田輝星投手は1回戦から決勝までの計6試合で881球を投げ、ファンを含め影響を心配する声が上がった。
 投球過多は肩、肘の故障を招く。宮城県のある公立校野球部監督は「安全確保は指導者にとって重要な役割」と球数制限に理解を示す。
 東北の各県高野連もこれまで議論はしてきた。宮城、福島両県の高野連は「数年前、タイブレーク導入を巡る会議で話題になった」と振り返る。
 検討が本格化しなかったのは各チームの戦力にばらつきがあるからだ。力の差が小さい2人目、3人目の投手がいる強豪校は対応できるが、「どのチームも部員が減少していて、すぐには取り入れられない」(宮城県高野連)のが実情。選手交代のない「9人野球」で戦った金足農のようなチームには不利なルールだ。
 岩手県高野連は「球数ではなく投球回数の制限など、他にも変えられる点はある」と指摘する。3連投とならないよう、昨年から大会の日程を調整している秋田県高野連は「他県の動きを見て対応を考えたい」と話す。
 投球過多は長年の問題だけあって「課題が多く、誰もが納得のいく結論を出すのは簡単ではない」(山形県高野連)。青森県高野連は東北大会の開催を例に挙げ「県ごとだけでなく、地方レベルで足並みをそろえる必要がある」と広域的な議論を呼び掛けている。