第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会は25日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開催される。昨秋の東北大会で4強入りし、戦力以外の特色を加味する21世紀枠の東北地区候補校になっている古川(宮城)が選ばれるかどうか注目される。
 一般選考では29校を選出。各地区別の選出校数は北海道が神宮大会枠1を含む2。東北は2、関東は4、東京は1、東海は2、北信越は2、近畿は6、中国は2、四国は2、九州は4。関東・東京の総枠は6、中国・四国の総枠は5で、最後の1校はそれぞれ両地区を比較して選ぶ。
 21世紀枠では全国9地区の候補校を東日本(北海道、東北、関東・東京、北信越、東海)と西日本(近畿、中国、四国、九州)に分けて1校ずつを選び、残りの7校から3校目を選出。選ばれなかった6校は一般選考に回る。
 25日は午前9時から21世紀枠候補校の推薦理由説明会を行い、11時からの21世紀枠特別選考委員会と地区別小委員会で32校が決定する。午後3時に21世紀枠、続いて一般選考の出場校が順次発表される。