第91回選抜高校野球大会に出場した盛岡大付(盛岡市)の報告会が5日、同校体育館であった。関口清治監督と部員18人が登壇し、2、3年生約400人が健闘をたたえ、拍手を送った。
 山形守平校長は「初戦は驚異の粘りで劇的勝利を飾った。(2回戦敗退の)悔しさを忘れず、次なる高みを目指してほしい」と激励した。
 及川温大主将(3年)は「強みの打撃が生かせなかった。チームを一から作り直したい」と決意を語り、関口監督も「夏の暑い甲子園で応援してもらえるよう頑張る」と誓った。
 2年ぶり5度目の出場となった大会は初戦、石岡一(茨城)に3-2で延長サヨナラ勝ち。続く龍谷大平安(京都)には1-9で敗れた。