石巻西は7大会ぶりの出場。佐藤主将は「点を多く取り主導権を握る。目の前の試合をしっかり勝って上位進出を果たしたい」と闘志を燃やす。
 チームは冬季、1日600スイングと、木製バットを使った打撃練習などで打力を強化。東部地区大会は敗者復活戦を含む4試合で24得点を挙げた。「全員が自信を持ってバットを振っている。粘り強さも出てきた」と手応えを話す。
 7年前の春は2回戦で敗れるも、夏は8強入りする実績を残した。「自分たちの野球で地域を盛り上げたい」と意気込む。