東北学院の主戦右腕井上が、1失点完投でチームに東北大会の初切符をもたらした。「テンポ良く投げられた。チームの長い歴史の中、東北大会出場を達成できてうれしい」と喜ぶ。

 序盤は球が上ずってボールが先行。二回に先制されたが、下がり気味だった右肩を左肩と同じ高さにすることで制球が安定した。

 好調を自覚できたのは七回。途中出場した好打者の庄司陽を、外角の直球で見逃し三振に仕留めた。「直球に勢いが出ていて、変化球も(効果的に)使えるようになった」。三回以降は2安打無四球。六回からは球威も増し、1人の走者も出さなかった。

 打っては、1-1の九回に先頭打者で左翼線二塁打を放ち、勝ち越しの口火を切った。投打でチームを引っ張る2年生は甲子園を目標に「東北大会を夏へのいい経験にしたい」と意気込んでいた。(佐藤夏樹)