第66回春季東北地区高校野球大会は最終日の11日、山形県野球場で決勝が行われ、弘前学院聖愛(青森第2)が明桜(秋田第1)に延長戦の末、5-4でサヨナラ勝ちし初優勝を飾った。
 弘前学院聖愛は三回、明桜に長短5安打を集められて4点の先制を許したが、直後に田崎の適時二塁打で1点を返すと、七回に山下と三上のソロ本塁打で1点差に。八回は1死一、三塁から山下の内野ゴロの間に三走が生還して追い付いた。十回は1死一、二塁から桜庭が左越えに運んで試合を決めた。

 ▽決勝

明桜(秋田)
   0040000000=4
   0010002101x=5(延長十回)
弘前学院聖愛(青森)